火曜日, 2月 02, 2016

日本の労働生産性を上げる10の方法:脱社畜のススメ(さらに更新)

追記:2016.2.2 ドイツと日本の比較
追記:2016.1.14 ある社長の日々のマネジメント


ハフィンホストに「勤勉さだけでは改善できない日本の低い労働生産性」というタイトルでジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長のロッシェル・カップ 氏の記事がアップされました。



これを読んで、日・米・欧の企業をエンジニアとして渡り歩いた自身の経験と照らし合わせて、実に的を得た記事だなと思いました。

私は大学を卒業した後に日本企業にエンジニアとして13年間勤め、その後に転職した米国企業でカルチャーショックに会いました。

①会議遅刻は罰金
②ゴールの無い会議は閉会 
③予実申請は自分、管理はマネージャ 
④マネージャを教育する 
⑤マネージャは部下にサービスする 
⑥挑戦には金銭的インセンティブ 
⑦責任とインセンティブを明文化 
⑧意思決定は30分以内 
⑨ITをフル活用する 
⑩デキない人は3か月でクビになる

これは全て15年前まで勤めていた米国企業でホントにやっていたことです。