金曜日, 8月 12, 2016

世界一周のひとり旅は自分との闘い

いまベルリンの友人宅で、コーヒーを飲みながら食器棚の上の猫ちゃんに監視されつつ、ジャズを聴いてこのブログを書いています。


ひとり優雅に世界一周のひとり旅。傍目から見るとそんな風に映るのかもしれません。しかし、その実はかなり過酷な毎日が続きます。 基本的な旅のルートは決めていますが、枠をはめない今回の旅では、進みながら行く先をプログラムしていきます。

見知らぬ土地、初めての国を訪れる旅では、日々の雑務に忙殺されます。
・行く街を決める、訪れる場所を決める(これは想像以上に難しい)
・泊まるところを見つけて手配する(手間と時間がかかる)
・そこまでの移動手段を調べて確保する(ルートは無数にある)
・食事の材料を入手して、料理して食べる
・洗濯する、入浴する、体の手入れをする
・そして観光する

文字に書き出すと簡単なようですが、行った先は初めての場所なので、思うようには動けません、思うように物が手に入りません。メトロの切符ひとつ買うのにも勝手がわからず苦労します。

そして、メトロはどうやって乗るの?何番に乗るの?どっちの方面?降りたらどちらへ進むの?何か言ってる、でも言葉が分らない。買い物はどこ?・・・

果てしない冒険が目の覚めているうちはずっと続きます。


月曜日, 8月 01, 2016

Enjoy shade in Spain/ スペインは日陰を楽しむ

涼しかったパリから一転、猛暑のマドリードとトレドの街中を、バスも使わず、ひたすら自分の足で歩いて回りました。伝え聞く、暑いけど乾燥してる、それは紛れもない事実でした。


乾燥なんて、そんなもんじゃありません、10%台の超乾燥です。これだけ暑くて乾燥していると、水分は摂っても摂っても身体から消えてゆきます。汗をかいてもすぐに蒸発していくので、衣服がジメッとするあの嫌な感覚が有りません。

日曜日, 6月 05, 2016

Juanと再会して思ったこと(アルゼンチン) Reunion in Argentine

日本は他の星の国だ

そう言う彼の言葉を、私はアルゼンチンに来て理解しました。




Juan(ホワン)はちょうど1年前、我が家にCouchsurfingでやってきました。アウトドア好きの彼とは、東京の街をサイクリングして楽しみました。マテ茶の文化を教えてくれたのも彼です。今回は彼の街、マル・デル・プラタを訪れました。有名な観光地で、ビーチの美しさで有名です。

数多くの外国人を我が家に迎え、私自身、日本の特殊性は理解したつもりでいましたが、私のその理解の深さの足り無さを、南アメリカに来て突きつけられました。

月曜日, 5月 23, 2016

日曜日, 5月 22, 2016

Ready to Torch Relay Rio2016 /リオ五輪の聖火ランナー、明日です

My Olympic Torch running route is fixed, it starts at 17:35 on 22.May, just TOMORROW!
The torch is coming to me. I already arrived here Valenca a few hours ago.
I am happy be in Brazil.

I get excited.

聖火ランナーのスタートは、日本時間では23日、月曜日の朝5時35分です。

Valenca, near Salvador

月曜日, 5月 09, 2016

8th May: New York transit and about JAL 5月8日ニューヨーク乗継ぎとJALの厚遇

I have started a round the world tour since 8th May.

世界一周の旅が始まりました。最初の国はブラジルです。

ちょうど地球の真裏、26時間のフライトですが、トランジットで、米国のニューヨークJFK空港でJALからTAM航空へ乗換のために、いったん米国に入国しなければなりません。おまけに乗り継ぎ便のスケジュールがタイト。入国・出国で長蛇の列が有名なJFK空港なのでどうなりますやら。



米国は2度目ですが、前回が90年代後半だったので隔世の感があります。

米国911テロ以降、世界が一変して、米国の入国にもESTAが必要になり、疑心暗鬼が地球を覆ってパリ、トルコ、様々な都市がテロの標的になっています。

それは旅人の最大の脅威でもあります。悪くすれば旅先でテロで死ぬかもしれません。入国での様々な障壁も増えます。例えばカンボジア国境で、賄賂なしだと長時間待たされるといった、途上国で有りがちな煩わしい事に加えて、先進国でもテロによる障壁が上乗せされていくのです。

月曜日, 4月 25, 2016

Let's meet the world 行ってきます 世界一周

I start a round the world tour from 8th May.

とあるきっかけで、 世界を回る旅   に出ることにしました。

南米、北米、ヨーロッパ、アジアと巡ります。

 世界の 『いま』 を見る旅。  『シリア難民の路』 も逆に辿るつもりです。

航空券は、ONE WORLDエクスプローラを使います。

寄りたかったイランに行けないのが残念。


火曜日, 2月 02, 2016

日本の労働生産性を上げる10の方法:脱社畜のススメ(さらに更新)

追記:2016.2.2 ドイツと日本の比較
追記:2016.1.14 ある社長の日々のマネジメント


ハフィンホストに「勤勉さだけでは改善できない日本の低い労働生産性」というタイトルでジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長のロッシェル・カップ 氏の記事がアップされました。



これを読んで、日・米・欧の企業をエンジニアとして渡り歩いた自身の経験と照らし合わせて、実に的を得た記事だなと思いました。

私は大学を卒業した後に日本企業にエンジニアとして13年間勤め、その後に転職した米国企業でカルチャーショックに会いました。

①会議遅刻は罰金
②ゴールの無い会議は閉会 
③予実申請は自分、管理はマネージャ 
④マネージャを教育する 
⑤マネージャは部下にサービスする 
⑥挑戦には金銭的インセンティブ 
⑦責任とインセンティブを明文化 
⑧意思決定は30分以内 
⑨ITをフル活用する 
⑩デキない人は3か月でクビになる

これは全て15年前まで勤めていた米国企業でホントにやっていたことです。

金曜日, 1月 29, 2016

天皇と戦後処理: 天皇皇后両陛下のフィリピンご訪問に接して

最初に、私は右でも左でもない、そのことを断っておきたいと思います。

私は戦後教育で、日本の歴史の重要な部分「戦後」を学校教育で空白とされた者のひとりです。

歳を重ねて50代の半ばとなり、この国の成り立ちや、日本人の指向と思考、文化人類学的な見地での日本と言う国を知りたいと欲して自から学んでいく内に、「いま」と直結しているこの歴史の空白の部分「戦後」を自分の中で消化しなければ「いま」を語れない、前に進めない、そんな気がしています。

我が家にやって来る世界中からの外国人と対峙するなかで、きちんと理解していないゆえに説明できないもどかしさを味わって、日本人としてのアイデンティティを嫌がおうにも感じさせられました。

特に、韓国を経由してくる外国人は、そうとう韓国人に吹き込まれ、韓国流の日本批判の嵐が目の前で吹き荒れます。相手方もきちんと理解しているはずもないのに反論できない悔しさ。国際人としては失格です。

この「空白」の部分は、「いま」を生きるものとして、どうしても外せない。しかし難しい。

なぜ難しいのか、歴史の証言者がまだ生きているのに、なぜ歴史が定まらないのでしょう。

(天皇皇后両陛下、フィリピン無名戦士の墓にて 出典:AFP)

火曜日, 1月 26, 2016

クレジットカード: お金を使うか、お金に使われるか

お金についてのお話です。私は殆んど現金を持ち歩きません。

海外なら現金所持は危ないので当然ですが、国内でも、とことんクレジットカード払いです。

そんな折、私の常識外の事実に出会いました。私の友人の同年代のご夫婦、つまり私が55歳ですから、そのくらいの年齢です。奥様は会社員ですが、クレジットカードを持ってないと聞いて、なぜ?と聞きました。

その答えに驚きました。


木曜日, 1月 14, 2016

定点観測: 東日本震災被災地 人口減少と避難生活者数

東日本大震災で被災した宮城、岩手、福島県の2015年10月1日時点の国勢調査の速報値が1月12日に発表されました。前回調査の2010年との比較で見ていきます。

人口減少地区がつぶさに分かります。

宮城、岩手では津波の被害が大きかった沿岸部を中心に11市町村で、人口が2010年の前回調査と比べて1割超の大幅減となっています。

私にとって馴染みの深い、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町の減少率を見ると心が痛みます。

水曜日, 1月 13, 2016

勉強になります 国会答弁

1月12日、国会答弁をライブで観ていました。

面白いなあとつくづく思います。



会社でやってはいけないこと、学校で怒られることを一生懸命やっています。

火曜日, 1月 05, 2016

マイナンバー受け取り拒否しました: この制度について考える

ミニマリストを目指すものとして、自分が管理すべきものはどんどん減らしたいと思っています。

似たようなものに住基カードというものがあります。一度も使っていません。

使いたいのですが、使う機会がありません。

マイナンバーをやるならその前に住基カードを回収してほしいです。

役所で必要な事務手続きは、身分を証明できるもの+印鑑または拇印で全て事足ります。

住基カードなど要らないのに、持たされました。断捨離したくても出来ません。不愉快です。



今回はマイナンバーと称する『国民総背番号制』が御上から降りてきました。

どうしましょう。

金曜日, 1月 01, 2016

2016年 賀正


今年もたくさんの出会いと、発見と、変化を楽しみたいと思います。


いつものように、


ではでは@三河屋